FXスワップ比較

ローリスクFXならスワップをねらえ

ファームプライスとは

Published on 2013年11月1日


ファームプライスというのは、銀行が取引先と実際に取引するときの価格のことをいいます。これに対して、為替相場の気配値のこと、つまり参考レートのことをインディケーケーションと呼んで区別しています。こうした言葉は為替業界独特のターミノロジーということになりますが、個人投資家が増えるにしたがってこうした言葉を耳にすることも増えてきます。
通常の銀行と取引先の取引は電話などで行われ、電子キーで直接打ち込みをしているけではないので、こうしたレファレンスチェックのようなことがしばしば行われることになります。ある意味では個人投資家はFX会社が提示している金額で取引をしていますので気配値は観ていればわかることになりますが、一般の取引先と銀行などはこうして取引をしています。

個人投資家は直接インターバンキングに売買にでているわけではありませんが、こうした銀行と取引先の取引を飛び越えてすべての価格をネット上でリアルタイムで閲覧できているところが、FX取引の面白いところでもあります。したがって多くの業界用語はFX取引をしている個人投資家にとっては結構意外なものも多いのです。

Filed under: 未分類

コメントを残す