FXスワップ比較

ローリスクFXならスワップをねらえ

Posts filed under ‘スワップについて’

退職金などのまとまったお金を手堅く運用するならスワップ取引

2013年1月30日


退職金などのまとまったお金を手堅く運用するならスワップ取引はいかがでしょうか。手堅く運用といえば、銀行預金、日本国債、外国国債が挙げられますが、実はFXでも手堅く運用することができるのです。それどころか、取引機会、分散投資という面で見ると、FX取引のほうが有用ですらあるのです。FX取引と言えば、レバレッジが働いて、ハイリスク・ハイリターンというイメージをお持ちの方も多いとは思います。ところが実際にはFXのほうが手堅く運用することが出来るのです。


それがスワップ取引です。スワップ取引とはこの場合金利の交換ですが、外国債券を買う場合、数十万円、数百万円の資金が必要となってきますが、FXはわずか数百円、数千円から始められます。例えば1千万円を運用したいという場合、国債であれば1千万円全て購入して数%の金利と為替差損益が出ます。ところが、FXを利用してスワップ取引を行うと、仮にレバレッジ20倍であれば1/20つまりわずか50万円で同様の結果を出すことができます。残り950万円で他の通貨を運用したり、50万円を更に分けて他の通貨で運用したりすることが事細かく可能なのです。ただし、くれぐれもレバレッジを忘れずに、定期的に見直し、より良い運用を。

コメントはまだありません

為替差益を狙うトレードと比べるとスワップは運用効率が悪い


FXは、外国為替証拠金取引とも呼ばれるもので、一定の証拠金を業者に支払うことで可能になる、差金決済に外国為替取引のことをいう。外国為替取引は、通常、現金の直接輸送によらない二国間の通貨の貸借関係を決済や送金についていうが、FXではもっぱら通貨の売買が中心に行われる。FXは、証拠金取引なので、通常の外国為替取引とは異なり、外国通貨の売却から取引を始めることや証拠金の何倍ものレバレッジを効かせた外国為替取引ができるという特徴があり、少ない資本金でより多くの利益を得ることができるという特徴がある。


FXで収益を上げる方法としては、具体的に、二国間の通貨の交換レートが変動することを利用した為替差益による方法と二国間の通貨の金利差を利用したスワップポイントによる方法があげられる。特に、後者の方法は、日本が低金利政策を取っていることもあって、自国の通貨で簡単にスワップポイントによる利益を狙うことができるというメリットがある。しかし、金利の高い通貨は、流通量が少なく、貨幣価値が変動しやすいという特徴があるので、ロスカットを避けるためにレバレッジを低く設定する必要があるので、為替差益を狙うトレードと比べるとスワップは運用効率が悪いという特徴があるのである。

コメントはまだありません

スワップ投資の注意点


FXの取引には、様々なトレードスタイルがあります。数秒から数分の短期的なトレードであるスキャルピングトレード、数時間から数日のデイトレード、数日から数週間の長期的なトレードであるスイングトレードがあります。FXでは、ポジションを翌日に持ち越すことで、スワップと呼ばれる金利を受け取り、または支払うことになります。高金利通貨を保有した場合、このスワップを受け取ることができるので、より多くのスワップを受け取れるスイングトレードは、人気のあるトレードスタイルの一つです。


しかし、スワップ目的の投資を行う場合には、注意すべき点があります。スワップ投資の注意点としては、まず高金利通貨は比較的値動きが大きいという特徴があります。その為、トレンドによっては損失が大きく膨らんでいく可能性があります。これを防ぐには、しっかりとストップロス注文を入れておくことが大切です。そして、もう一つの予防方法としては、様々なレートで通貨を保有することで、保有している通貨の平均レートを安定させる効果を得ることもできます。スワップ投資は長期間通貨を保有できることが大切なので、予防策などもしっかりとしておくことが必要不可欠です。

コメントはまだありません

スワップポイントはいつもらえる?


まず、スワップポイントとはなにかということを説明してみたいと思います。スワップポイントとは各国の通貨の金利の差により生じた金利を受け取ることができるものをスワップ金利といいます。例えば、1%の金利の国の通貨で、3%の金利の国の通貨を購入すると、差額の2%の金利を得るこができるということになるのです。このため、できるだけ金利の低い国の通貨で金利の高い国の通貨を購入すればするほど、スワップポイントは多くもらえることになります。


では、スワップポイントはいつもらえる?ということですが、基本的には月曜、火曜、木曜、金曜はそれぞれ1日分もらえ、土日は相場が休みのために、水曜日に3日分付与されることになります。また付与されるタイミングとしては、朝方の相場がクローズする直前に購入し、早朝の相場がオープンするまでポジションを保持していればスワップポイントを享受する権利が得られます。このような特徴を利用して、スワップポイントの利益を目的に取引する投資家もいるでしょう。

photo by: spettacolopuro

コメントはまだありません

スワップは長期間運用したいから倒産リスクの少ない会社を選ぶ

2013年1月29日


スワップ目的でFXを始めるのならば、FX業者は慎重に選ぶ必要があります。スワップは長期間運用したいから倒産リスクの少ない会社を選ぶといった考えの長期投資家は多くいます。せっかく長期間運用して複利効果で高まったスワップポイントが、FX業者の倒産のためにすべてなくなってしまっては意味がなく、そのようなリスクの少ない、安定した利益を生み出しているFX業者を選択することをオススメします。そのような安定した利益を生み出す業者にはある特徴があります。


毎月安定した利益を生み出すことができるFX業者とは、FXトレーダーから支持されているFX業者のことです。優れた投資家を多く抱えるFX業者は倒産のリスクが少なく、継続的にスワップを稼ぎたい方にオススメの業者となります。投資家から高い支持を受けているFX業者は常に顧客満足度を意識したサービスを展開しています。そのため、顧客満足度の高いFX業者が最も倒産リスクが少ない企業になります。トレーダーから愛されるFX業者を選ぶことが、長期投資家にとって一番の選択になります。

photo by: CJ Schmit

コメントはまだありません

1000通貨単位で長期間福利運用を行なうと大きな利益に


FX会社は通常ならば1万通貨からの取引が基本ですが、中には1000通貨から始められる会社もあります。1000通貨単位で長期間福利運用を行なうと大きな利益になります。長期投資家の中にはこの福利効果を狙って、あえて1000通貨から始めることができるFX会社に口座を開設し、毎日スワップ金利を得ている投資家もいます。長期投資家のやることはただじっと長期間、お金を寝かし続けるだけになります。複雑なチャートやトレンドラインを見る必要がなく、未経験にもオススメな投資スタイルが長期投資なのです。


1000通貨から始められるFX会社で口座を開設すると、1万円未満の証拠金から取引を行えます。1000通貨であっても金利は毎日付与されます。さらに、1000通貨ならば大きな変動があっても投資家にとっては小さなリスクにしかならないため、元本を割ったところで大きな影響を受けず、そのようなリスクの低さも1000通貨の魅力の一つです。毎日金利が付与される長期投資を継続的に十年二十年と行なうことで、福利効果で最終的には大きな利益になります。これからFXを始めるのならば、まずは長期投資から学ぶことをオススメします。

photo by: recubejim

コメントはまだありません

スワップはポジションを持っている日にち分利益が出る


FXが長期投資家にも大きな人気がある理由はスワップポイントがあるからです。スワップはポジションを持っている日にち分利益が出るので、長期投資家であっても毎日利益を得ることができるのです。特に福利効果が高いので、長期間ポジションを持つと、一年後二年後には大きな利益となって返ってきます。取引するポジションによっては毎日得られるスワップポイントの値は異なります。これから長期投資を始めるのならば、一番スワップポイントが多くもらえるFX会社で口座を開設することをオススメします。


スワップは毎日付与されます。例えば一日100円分のスワップポイントが稼げるポジションを持っていれば、30日で3000円の利益になります。その利益を証拠金としてさらにポジションを追加していけば、一年後には大きな資産が形成されます。このような福利効果を狙う長期投資家が毎日しなければならないことは、特にありません。大きな変動がないか朝一でチェックして、それで終了です。何事もなければそのまま放置する。長期投資家は大きな変動がない限り動かず、そのような動きは十年に一度あるかないかです。それが長期投資家が簡単に利益を生み出せる理由です。

コメントはまだありません