FXスワップ比較

ローリスクFXならスワップをねらえ

為替差益を狙うトレードと比べるとスワップは運用効率が悪い

Published on 2013年1月30日



FXは、外国為替証拠金取引とも呼ばれるもので、一定の証拠金を業者に支払うことで可能になる、差金決済に外国為替取引のことをいう。外国為替取引は、通常、現金の直接輸送によらない二国間の通貨の貸借関係を決済や送金についていうが、FXではもっぱら通貨の売買が中心に行われる。FXは、証拠金取引なので、通常の外国為替取引とは異なり、外国通貨の売却から取引を始めることや証拠金の何倍ものレバレッジを効かせた外国為替取引ができるという特徴があり、少ない資本金でより多くの利益を得ることができるという特徴がある。


FXで収益を上げる方法としては、具体的に、二国間の通貨の交換レートが変動することを利用した為替差益による方法と二国間の通貨の金利差を利用したスワップポイントによる方法があげられる。特に、後者の方法は、日本が低金利政策を取っていることもあって、自国の通貨で簡単にスワップポイントによる利益を狙うことができるというメリットがある。しかし、金利の高い通貨は、流通量が少なく、貨幣価値が変動しやすいという特徴があるので、ロスカットを避けるためにレバレッジを低く設定する必要があるので、為替差益を狙うトレードと比べるとスワップは運用効率が悪いという特徴があるのである。

Filed under: スワップについて

コメントを残す