FXスワップ比較

ローリスクFXならスワップをねらえ

退職金などのまとまったお金を手堅く運用するならスワップ取引

Published on 2013年1月30日



退職金などのまとまったお金を手堅く運用するならスワップ取引はいかがでしょうか。手堅く運用といえば、銀行預金、日本国債、外国国債が挙げられますが、実はFXでも手堅く運用することができるのです。それどころか、取引機会、分散投資という面で見ると、FX取引のほうが有用ですらあるのです。FX取引と言えば、レバレッジが働いて、ハイリスク・ハイリターンというイメージをお持ちの方も多いとは思います。ところが実際にはFXのほうが手堅く運用することが出来るのです。


それがスワップ取引です。スワップ取引とはこの場合金利の交換ですが、外国債券を買う場合、数十万円、数百万円の資金が必要となってきますが、FXはわずか数百円、数千円から始められます。例えば1千万円を運用したいという場合、国債であれば1千万円全て購入して数%の金利と為替差損益が出ます。ところが、FXを利用してスワップ取引を行うと、仮にレバレッジ20倍であれば1/20つまりわずか50万円で同様の結果を出すことができます。残り950万円で他の通貨を運用したり、50万円を更に分けて他の通貨で運用したりすることが事細かく可能なのです。ただし、くれぐれもレバレッジを忘れずに、定期的に見直し、より良い運用を。

Filed under: スワップについて

コメントを残す